進路別お部屋探しスケジュール

春・夏からオープンキャンパスも始まり、進学が決まる時期もさまざま。「部屋探しは入学直前でいいや」と思っていたら大間違い!優先順位だけをチェックしてお部屋を決めたら、住んでみて後悔することも。入学が早く決定したらその分早く動いてみると、失敗せずにお得に、お気に入りの物件が見つかるはず。下の表をチェックしてみて!

10月~12月 専門学校、大学・短大(推薦・AO入試)、就職 年内にお部屋を決定すべし

部屋探しのピーク1

専門学校は決定後すぐにGO

10月以降、専門学校や大学の推薦、AO入試の発表が出るころが、最初のピーク。さっそく、学校周辺の情報や部屋探しを開始し、右ページのフリーレントなどを利用して、新生活の場所を決定しちゃおう!

部屋探しのピーク2

12月~1月、
新築物件の募集開始のヤマ場

春に完成する新築物件が入居募集を始めるのがだいたい3~4ヵ月前。つまり、12月~1月ころに募集開始なので、すかさず狙おう!発表がまだでも、受験に自信がある人はチェックしてみて!


1月~3月 大学一般・併願受験 合格前でも周辺の情報はCHECK!

部屋探しのピーク3

2月上旬~
私大受験と同時に下調べ

4月に入居可能な物件が一番豊富に揃うのがこの時期。最近は受験前にお部屋を下調べし、合格したらハンコを押すだけ!なんて人も多し。

部屋探しのピーク4

2月中旬~3月、
国立志望でも調査は開始

3月初旬の合格発表まで何もしないのはもったいない!事前に、キャンパス周辺の環境、物件情報をチェックしておこう。

部屋探しのピーク5

3月、国立合格発表後は
一番のピーク

前の住人が転居するまで内覧不可なケースが多いのがこの時期。受験時に内覧、合格発表後契約できるといいが、気にいった部屋が見つからない場合は、マンスリーマンションで様子を見る手もあり。

親と子で違う部屋探し 親は安全、子は間取り&設備重視!

かわいい我が子の一人暮らしにあたって、親の心配は、安全かどうか。その次に家賃にいくらかかるのか。各種セキュリティ機能が万全な部屋はいうことないが、家賃はやや高めに。大通りに面している、夜間の人通りなど、例え通学時間が余計にかかったとしても、検討するべき項目はいくつかある。親子でよく話し合って決定しよう!