新生活らくらく準備ノート

鍵受領後から引越しまで

部屋が決まったら、いよいよ契約、そして引越し!必要なものをもれなくそろえて上手にスタートを切りましょう。

引越しに向けて新居をチェック

無事に契約が完了し、鍵をもらったら、引越し作業のために新居をチェック。特に引越し先が遠方の場合、契約後は、引越し当日まで新居を見る機会がない場合も多いので、この段階で必要な確認をすませておいて。

外まわり

階段や踊り場の広さ、玄関口の幅など、どのくらいの大きさの荷物が運びこめそうか確認して。大きなソファなどを運びこむ予定がある場合、「通れるか」はもちろん、「曲がれるか」も考慮を。

駐車スペース

運搬車両の駐車スペースがあるか、またそこから部屋までの距離なども確認しておきましょう。駐車スペースがない場合は、近くにパーキングがあるかどうかも探してみて。

室内

間取り図だけではわからない、コンセントや照明スイッチの位置、各部分のサイズを確認。特に窓のサイズは、カーテンを用意するのに不可欠です。収納部分の奥行きや幅、冷蔵庫や洗濯機スペースも計測を。


家具配置を考える

引越しまでにある程度の家具配置を決めておくと、当日にてきぱきと動けるし『誤って大きすぎる家具を買ってしまった』なんてこともありません。以下のポイントに注意して、考えてみましょう。

1.広く見える家具配置とは

本棚やテレビ台など、壁を背にして置く家具は、一方の壁ぎわにまとめて並べると広く見える効果があります。部屋に凹凸をつけないよう家具をI形やL形に置いて、真ん中にスペースをとるのがコツです。家具の奥行きもそろえるとよりグット。

2.防音や通気性も考えて

本棚やタンスなどを隣室側に置けば、音もれも防げます。また、北側は湿気がたまりやすいので、家具を壁から少し離して通気をよくして。

3.家電の置き方

西日が入る部屋では、西日が当たる範囲に家電を置くと、家電が熱をもって故障の原因になる場合も。また、冷蔵庫は、ガスコンロやヒーターの送風口の近くに置いたり、壁にくっつけて置いたりすると、消費電力が多くなるので、節約のためにも注意しましょう。洗濯機は、漏電、水もれに気をつけて配置します。コンセント位置が下にある場合は、水がかからないような保護策を考えて。

自分の部屋のレイアウトを実際に書き込んで考えてみよう!

方眼に自分の部屋の間取りを書き入れ、家具のレイアウトを考えてみよう。壁の出っ張りやコンセントの位置、扉の開閉スペース、椅子を引いて座れるかなどもしっかり考慮して。

お買い物リストで必要なものをチェックしよう!

用紙をプリントアウトして、新しく購入するか?家から持っていくか?必要ないか?など、忘れないようにチェックしてみよう。