新生活らくらく準備ノート

引越しの方法を選ぼう

ひと口に引越しといってもいろいろな方法があります。距離や荷物の量に合わせて、賢く選びましょう。

引越しの方法はいろいろ。業者に頼む場合でも、梱包から荷解きまですべてまかせるパックから、大きな荷物の運搬だけを頼む場合など、いろいろな選択肢があります。もちろん自分ひとりでやるのもアリ。お金と時間、労力の3つを考えて、上手に選びましょう。

自分で運ぶ

新居に入居してから家財道具をそろえる人は、まず自分で運べないかを検討してみましょう。ただし、大量の荷物を一気に運ぶには、ワンボックスカーや小型トラックなど車が必需品。食器棚など大きな家具はひとりで運べないので、家族や友人の協力も必要になります。レンタカー代,友人へのお礼も考えたうえで、本当に節約になるのか、よく検討しましょう。

1.宅配便で運ぶ

大きな家具がないなら、ダンボール箱に詰めて、宅配便で出してしまうのがいちばん手軽。宅配業者によっては家まで取りに来てもらうこともできるし、配達日の指定もできるので、荷造りだけで引越し作業が完了します。

2.レンタカーで運ぶ

事前にレンタカー会社に行って、荷物の量などを説明し、自分の引越しに合った車種を予約します。当日、荷物が乗りきらないと、往復することになり、時間もお金も倍かかってしまうので、車種選びは慎重に。また、引っ越し先が遠い場合には、レンタカーの返却は、引越し先近くの提携店でもいいのかどうかも確認して。運転免許を持っていないなら、友人や家族に手伝いをお願いしてみましょう。


車の特徴と料金の目安

3日前までに

1.プランを選ぶ

業者によってさまざまなプランがありますが、一般に、自分で梱包して、搬出、搬入だけを依頼するサービスがいちばん節約できます。近距離で、荷物が比較的少なく、ドライバー+作業員1名での作業なら、2万~5万円くらいでしょう。梱包や荷解き、掃除などをオプションで頼むことも可能ですが、そのぶん割高になります。また、女性スタッフ限定のプランもあります。

2.見積もりをとる

引越し料金は、荷物の量や移動距離、平日か休日かなど条件によって変わるので、事前に見積もりを出してもらいます。できれば複数の業者に見積もりを頼み、比較検討するのがいいでしょう。荷物が多い人は電話だけの見積もりではなく、実際に荷物や現場を見てもらうことが大切です。当日になって、用意した車に荷物が入りきらないとか、建物の前に車が入れないといったトラブルが起きると、費用だけでなく時間もムダになります。また、値段だけでなく、サービスや補償内容についてもしっかりチェックが必要。ダンボール箱の支給や引き取り、家電の設置をしてもらえるのかも聞いておきましょう。休日、夜間の割増料金について確認を。